お金は命の次に大事

お金は命の次に大切なものなのです。これは昔から言われていてこれからも資本主義経済が続く限り変わるものではありません。日本の教育は学校、家庭でもこの世の中で一番大切なものは、自分の「命」と教えられます。そして、次に大切なものは「家族」と教えられます。しかし、家族がいない人もいます。家族から裏切られる人もいます。また、外国に比べて日本はお金の本質について教育を受ける機会が少ないような気がします。今、社会では高齢者が振り込め詐欺などの被害者になっています。これもお金についての教育を受ける機会がなかったことを物語っている考えられます。お金は命の次に大切なものなのです。このことを頭の片隅においておきましょう。「お金が無くたって人生、愛があれば楽しく生きていける。」というような言葉を若い人から聞かれることもあります。また、「お金は何とかなるもの。」とか「金は天下の回りもの。」と楽観視される風潮もありますが、お金はなくなれば、経済的に生きていけないばかりか、その人の精神を貧しいものにし、強いては犯罪に走らせ、社会が崩壊していくというシナリオが過去の歴史から明らかなのです。私たちはこのようなことがないようにお金を大切にし、無駄使いしないように心がけ、ある程度の貯蓄を継続していくことが大切なことなのです。

関連ページ

中央リテールでキャッシングを申し込んでみました
キャッシングウーマでは主婦や学生でも女性が借りれるキャッシングサービスをご紹介しています。
お金は重要…でも全てではない
キャッシングウーマでは主婦や学生でも女性が借りれるキャッシングサービスをご紹介しています。
私の嫁ぎ先の価値観
キャッシングウーマでは主婦や学生でも女性が借りれるキャッシングサービスをご紹介しています。
キャッシングエニーでの借り入れ
キャッシングウーマでは主婦や学生でも女性が借りれるキャッシングサービスをご紹介しています。